おいしいお店を探すコツ

名店のオーナーに自分のことを覚えてもらうコツ

名店のオーナーに自分のことを覚えてもらうコツ

名店のオーナーに自分のことを覚えてもらえたら、他の人を連れて行った時に、会話も盛り上がります。そのためのちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

お気に入りのお店を見つけたら、二回目の来店を早くする。

例えば、たまたま入ったお店が名店だったとします。ぜひとも常連になりたい。そうであれば、1回めの来店から数日以内にもう一回訪問してみるというのがコツです。極論すると、2日連続で訪問したら、ほぼ確実に覚えてもらえるでしょう。

でも、1度お店にいってから、2ヶ月後に同じお店にいったとしても、インパクトがかなり弱いですね。もちろん、それを2回、3回と続けることで覚えてもらえますが、2日連続で訪問するやり方の方が、圧倒的に簡単で、インパクトも大きいと思います。

来店した初日に、次回の予約をその場でとってかえる

もう一つ有効な方法として、お会計の際、「今日はとても美味しかったので、次回○月○日に予約をとりたいのですが」と提案してみることです。電話で予約を取るよりも、来店した初日に、次回もぜひ来店したいと言われると、オーナーさんも嬉しいですよね。

旅行先でおいしい飲食店を探し当てるコツ