おいしいお店を探すコツ

岡山ひとり飲みのコツ

出張や一人旅で岡山に来られた方にオススメの、岡山ひとり飲みのコツについてご紹介したいと思います。

岡山ひとり飲みのコツ

ひとり飲みに向かないお店

大通りに面した、全国展開している大箱の居酒屋は、ひとり飲みには向いていません。その理由として、店員さんがお客さんと話をする余裕がないためです。もちろん、スマホを眺めながら頼んだ料理を食べることはできますが、それならコンビニで買ってきた弁当をホテルで食べるのと同じです。

カウンターのある個人オーナーのお店がオススメ

ひとり飲みに向いているのは、カウンターのある個人オーナーのお店です。もし、お店に自分一人しかいないのであれば、それほどお店が忙しい状況ではありませんから、カウンター越しに、オーナーさんとおしゃべりできます。そして、お客さんが少し増えてきたら、隣に座ったお客さんとしゃべることもできます。

といっても、いきなり隣に座った、見ず知らずの人に話しかけるのは勇気が必要ですね。この場合は、一人で来店されたお客さんが、オーナーと話をしている時に、そっと会話に参加するというのが良いかもしれません。そうすると、オーナーさんとお客さんに、「この人は、いろんな人と話をしたい人なんだ」と認識してもらえます。社交性のあるオーナーさんであれば、その後、むしろ他のお客さんにうまく紹介してくれたりすることもあるでしょう。

女性のひとり飲みにも、カウンターのお店はメリットがあります。例えば、女性がひとり飲みしているお店に、変なお客さんが入ってきたとします。その場合、大抵はオーナーさんが、その女性客とは離れた位置にその変なお客さんを座らせます。そして、常連の品の良いお客さんが来店されたら、女性のひとり飲みのお客さんの横に誘導してくれたりします。カフェのような自由席とは異なり、カウンターのある個人オーナーのお店においては、座る場所をオーナーさんがコントロールしてくれるのです。ですから、女性ひとり飲みであっても、変なお客さんにからまれる心配は少ないと思います。

岡山で日本酒を飲むならカメキチ (KAMEKICHI)で決まり
雰囲気の良い店内、気さくなマスター。イタリアンバールSolは大人なお店
料理と日本酒のクオリティがトップレベル。夕食とお酒 あまおと
お店の雰囲気、料理のクオリティ、美味しいお酒の全てに満たされる名店チロリ(チロ鯉)

スタンディングバーもオススメ

岡山にはキャッシュオン(レジで飲み物や食べ物のお金をその都度支払い、好きな場所で飲めるスタイル)のスタンディングバーが非常に少ないのですが、スタンディングバーは上級者の一人飲みに向いています。

自分で席を自由に移動できるので、お客さんにちょっと話しかけて、会話が盛り上がれば、そのまま話をすればいいし、あまり盛り上がらなければ、別の場所に移動すればOK。カウンターに近い場所でオーナーさんとお話することも可能です。

カウンターに着席するタイプのお店の弱点は、かりに自分がひとりで飲みにきた時に、両隣にカップルが座ってしまうと、完全に孤立してしまうことです。スタンディングバーであれば、自由に移動ができるので、ひとり飲み上級者にはオススメですね。

岡山ではレアなキャッシュオン&立ち飲みのできるお店。IRISH PUB 72へ

数件のお店を飲み歩くのがひとり飲みと相性が良い

いわゆるはしご酒(バーホッピング)のおすすめです。普段良く行く地元のお店であったとしても、その日どのようなお客さんがいるか?は運次第です。ですが、2〜3件飲み歩くと、たまたま面白いお客さんがいたりすることもあります。つまり、1軒目にで終わらせるのでなく、2〜3軒にわけて、料理を食べたりお酒を飲む方法もオススメです。今日は、イマイチだったなと感じたら、次の店に移動しましょう。特に、バーは、お酒を1杯頼んで次のお店に移動したとしても、全然悪い印象は持たれませんから、安心ですね。
サッカー好きなイケメンマスターに会えるお店。bar stack(スタック)
仲の良いご夫婦と美味しい家庭料理のお店。Dining Bar koma
岡山クラフトビールのメッカ。ゼロ次会にもオススメのシュレンケルラ。
100種類以上のラム酒を扱うお店。カクテルも美味しいBar Maeda