男のひとり飲み

飲み会を上手に抜けだすコツ

飲み会を抜け出すタイミングは、会計直後が最適

職場の飲み会で、二次会、三次会が恒例行事になっている人も多いと思います。一次会というのは、2時間程度で終わりがはっきりしているのですが、二次会は終わりがはっきりしないのが難点です。特にカラオケにいったりすると、エンドレスになることが多いです。二次会にいったん参加してしまうと、なかなか抜けるが難しいですね。脱出に最適なタイミングは、一次会の会計終了直後です。このタイミングは、みんなが、雑談をしていたり、二次会どこに行く?みたいな相談をしています。そのタイミングに、スルッと飲み会を離脱してしまえば、目立ちません。実際に、一次会に参加したメンバーの全員が二次会に行くわけではなく、結構な人数が帰宅しているはずです。そこで、スルッと抜けずに、みんなと雑談を続けていると、二次会に運ばれてしまい、抜け出すのが難しくなります。

カラオケの二次会を上手に抜けるコツ

カラオケを上手に抜け出すコツは、最初の1〜3曲目で自ら盛り上げ役に徹することです。そうすることで、場を盛り上げてくれたという印象も残りますし、二次会に来ていたアピールにもなります。そして、みんなが曲を入れ始めたら、スルッと離脱しましょう。入り口近くに陣取るのも重要なこと。抜け出すつもりなら、部屋の奥にコートやカバンをおかないように注意しましょう。

軽装で参加するのが二次会を抜けるコツ

コートやカバンを持参すると、それらの荷物を取りにいった時に、「え、もう帰るの?」と注目されてしまいます。ですから、二次会を抜ける気なら、カバンを持たずに軽装で参加するのがコツです。そうすれば、電話をかけにいくような雰囲気で、外にでて、そのまま別のお店に移動してしまいましょう。

まとめ

1次会ですでに2時間以上話したのなら、二次会で新しい話題がでることはほとんどありません。二次会には参加せず、家で本を読んでもいいし、別のお店に一人飲みにでかけるのもいいですね。