焼酎

太るお酒と太らないお酒の違いとは?

あざらし君
あざらし君
お酒飲むと太るよね
博士
博士
実は、お酒には二種類ある。蒸留酒は基本的には太らないのである

醸造酒と蒸留酒の違い

醸造酒の作り方

原料である穀物に含まれるデンプンを糖化させて、得られた糖を発行させることでアルコール化する。つまり糖質が含まれているのです。醸造酒の代表は、ビール、ワイン、日本酒です。特に、ビールと日本酒には糖質が多く含まれており、太りやすいお酒に分類されると思います。

蒸留酒の作り方

蒸留酒に分類されるのは、焼酎、ウイスキー、ブランデーなどがあります。醸造したお酒からアルコールを蒸発(気化)させて、蒸発したアルコールだけ集めて、冷却して液体にしたものが蒸留酒になります。糖質は気化しないため、蒸留酒の糖質はゼロです。
ワインを蒸留したものがブランデー、ビールを醸造したものがウイスキーです。ワイン、ブランデーの原料はぶどうなどの果実であり、ビール、ウイスキーの原料は大麦、ライ麦、とうもろこしなどの穀物です。

アルコール自体は、エンプティーカロリー

アルコールは、7kcal/gです。しかし、アルコールを体内で脂肪に変換することはできないため、基本的には脂肪にならないカロリー(エンプティーカロリー)と言われています。蒸留酒自体は、飲んでも脂肪になることはありません。日本酒、ビールも同様で、アルコール自体は脂肪になることはありません。しかし、日本酒、ビールといった醸造酒には、糖質が豊富に含まれています。そのため、日本酒、ビールを飲むと、糖質をたくさん摂取してしまい、太ってしまうのです。

ダイエットにオススメはハイボール、焼酎やウイスキーの水割り

ダイエット中の晩酌に一番のオススメは、ハイボール(ウイスキーの炭酸わり)、焼酎やウイスキーの水割りです。ウィスキーや焼酎はエンプティーカロリーのため、脂肪に変換されることはなく、糖質ゼロの炭酸で割れば、太る心配はありません。ただし、食べなければという条件が加わります。ちなみに、お店のハイボールには、糖質が含まれている炭酸飲料を使っている可能性があり、ゼロカロリーかどうかはわかりません。炭酸自体は、水に二酸化炭素を溶かしたものなので、カロリーゼロですが、多くの炭酸飲料には砂糖が入っています(サイダーなど)。

お酒には、食欲増進作用がある

仮に糖質ゼロの炭酸でつくった蒸留酒やハイボールを飲んでいたとしても、おつまみ、ラーメンなどを食べてしまうと、当然ですが太ります。むしろ、お酒を飲む時のおつまみ、ラーメンなどの誘惑を断ち切ることができるかどうかが、ダイエットには大きく影響しそうですね。