岡山飲食店の特色

岡山出張で飲み歩く時に泊まるホテルはどこが良いか?

岡山の飲み歩きは、基本徒歩もしくはタクシー

岡山は地方都市なので、市内中心部の公共交通機関としては、路面電車とバスだけです。どちらも、飲み歩く際には役にたちません。ということで、飲んだ後にホテルに変える手段は徒歩かタクシーの二者択一になります。

岡山の飲み屋は東口に集中している

岡山駅はJR線により東口(桃太郎の銅像がある出口)と西口わかれています。圧倒的に飲食店の数が多いのは、東口になります。
地図で示すと青線で囲ったエリアが飲み屋が多いエリアになります。

この青線で囲ったエリアのホテルであれば、岡山駅からホテルまで徒歩で移動が可能で、ホテルから飲み屋も大概のお店は徒歩でいけます。さらに飲んだ帰りも徒歩でホテルまで移動できます。

岡山駅西口のホテルから東口に飲みに行くことも可能

ただ、岡山駅西口のホテルに泊まったとしても、西口サイドにも飲食店はあるので、西口方面で飲むことも可能です。ただ、飲食店の数は東口の方が多いので、目当てのお店が東口サイドにあることが多いかもしれません。その場合、西口から岡山駅構内を通って、東口に移動することも可能です。ちなみに西口のANAクラウンプラザホテルから東口のBICカメラまでが、徒歩6分程かかります。この、西口から東口まで徒歩6分を遠いと感じるのであれば、西口にホテルを予約するのが良いとおもいます。ちなみに、飲んだ後はタクシーでホテルに帰る、タクシー代はそれほど気にしないというのであれば、西口方面のホテルでも、東口方面のホテルでも大丈夫だと思います。