体験記

ゲストも大満足。Bar Maedaでラム酒を堪能

2018年12月に福岡から訪問された要人とサシ飲みすることになりました。二次会でBar Maedaに行きました。Bar Maedaといえば、ラム酒!しかも100種類以上あるため、何から頼もうか悩んでしまいますね。私は、普段からよくBar Maedaに行くので、Maedaさんは私の嗜好は完全に把握されています。
今回ゲストの方に、どのようにラム酒を選ぶのかな?と興味津々でした。ラム酒は、見た目でホワイト・シルバー、ゴールド、ダークなどに分けられるそうです。私はいつもホワイト・ラムをロックで飲んだり、キューバ・リブレ(ラムのコーラ割り)で飲んでいました。Maedaさんから、ゲストの方に、「せっかくですから比較のために、ダークラムなどいかがでしょう?」とオススメしていただきました。
この、ダークラムが、ゲストの方の嗜好にどストライクだったようで、一気にラム酒のファンになってしまいました。このゲストの方は、元々ウィスキーがお好きだったようで、それに近いテイストが良かったのかもしれません。2杯め以降は、Maedaさんとゲストの方が、一杯目のラム酒のどこが気に入ったか?二杯目はどんなラム酒が良いか?とあたかもカウンセリングのようなやり取りをして、合計3種類のラム酒を飲んでおられました。
それにしても、ゲストの方の嗜好を確認しながら、自分のストックである100種類以上のラム酒の中から、ベストなお酒を選ぶって、ちょっとありえないくらいの技術ですよね。ちなみに、このゲストの方、Bar Maedaが非常に気に入っていただけたようで、2日後にもBar Maedaに行かれたそうです笑

一次会はチロリにいってきましたよ。

見た目も美しい料理と美味しい日本酒をチロリで堪能してきた2018年12月に福岡から来られたゲストとチロリでサシ飲みをしてきました。2人で事前に予約しておいたカウンター席に座りました。チロリは、...