日本酒

日本酒の種類を知ればより日本酒を楽しめる

日本酒を種類を知るためのキーワードは3つです。純米かどうか?大吟醸酒とは何を意味するのか?本醸造酒とは何か?を知っておけば大丈夫です。

純米酒(アルコール添加無し)

純米酒とは、お米と米麹だけで作られたお酒です。 以下に示す4つの種類のお酒があります。

純米大吟醸酒

原料:米・米麹・水
特徴:原料米の精米歩合が、50%以下と決められている。(50%以上のお米を削り、精米歩合50%以下にしたもの)
吟醸造り。価格的には高めのものが多い。固有の香味と色沢が特に良好なものです。

純米吟醸酒

原料:米・米麹・水
特徴:精米歩合が60%以下(40%以上のお米を削り、精米歩合60%以下にしたもの)の吟醸酒。
特別純米酒と同じ精米歩合が義務付けられており、酒質に差が無いものもある。
固有の香味と色沢が特に良好なものです。

特別純米酒

原料:米・米麹・水
特徴:原料米の精米歩合が60%以下(40%以上のお米を削り、精米歩合60%以下にしたもの)又は特別な製造方法の純米酒。
原材料の種類によって酒質に違いがでる。固有の香味と色沢が良好なものです。

純米酒

原料:米・米麹・水
特徴:日本古来の酒。精米歩合による規定はなし。
純米醸造酒ともいい、濃厚な味のタイプが多い。また、原料米の精白度の高低によって味に違いが出る。固有の香味と色沢が良好なものです。

本醸造酒(アルコール添加有り)

醸造用のアルコールを添加したものを、「醸造酒」と呼ばれます。「醸造酒」は、「普通酒(一般酒)」と違い、添加する醸造用アルコールの量が、白米の総重量の10%未満までに抑えなければならないと定められています。
醸造用アルコールは味や香りを立てたり、丸みを持たせたりするそうです。

大吟醸酒

原料:米・米麹・水・醸造アルコール
特徴:精米歩合が50%以下(50%以上のお米を削り、精米歩合50%以下にしたもの)。
吟醸造り。固有の香味と色沢が良好なものです。
醸造アルコールを添加する目的は、増量のためではなく、発酵中の酵母に影響を与えてうまい酒造りを行うためで量は少ない。

吟醸酒

原料:米・米麹・水・醸造アルコール
特徴:原料米の精米歩合は、60%以下(40%以上のお米を削り、精米歩合60%以下にしたもの)。吟醸造り。固有の香味と色沢が良好なものです。
醸造アルコール添加の目的は、大吟醸と同じで、増量のためではないので添加量は少ない。

特別本醸造酒

原料:米・米麹・水・醸造アルコール
特徴:本醸造酒より精米歩合が低く、60%以下(40%以上のお米を削り、精米歩合60%以下にしたもの)。
醸造アルコールを添加していることがわかるような酒もあるとか。香味と色沢が特に良好です。

本醸造酒

原料:米・米麹・水・醸造アルコール
特徴:原料米の精米歩合が70%以下(30%以上のお米を削り、精米歩合70%以下にしたもの)。
原料米1トンあたり、120リットル以下の醸造用アルコールを添加した酒。

精米歩合って何?

上記8種類のお酒の説明の中ででてきている、「精米歩合」とは、製造に使う米の芯の部分の割合を指します。

例えば、「精米歩合70%」と表記されていた場合、その酒は、玄米の外側30%をぬかとして廃棄し、内側の70%を原料に使っているということになります。精米歩合50%といったように数値が低ければ低いほど、高品質だと言われています。

磨いていない米(精米歩合の数字が高い)ほど「味わいの深さ、米の香り、重さ、鈍重さ、くどさ」などが目立ち、磨いた米(精米歩合の数字が低い)ほど「すっきりさ、香りの華やかなさ、軽さ、薄さ」といった特徴が目立ってくるそうです。

もちろん好みには個人差がありますので、飲み比べしながら味を確認し、自分にあった精米歩合を見つけてみてください。

岡山地元民がオススメする日本酒の品揃えが豊富な飲食店岡山には有名な日本酒の酒蔵がいくつかあります。近年の日本酒ブームもあり、本格的な日本酒を取り扱うお店がたくさんあります。今回は、地元民が...