クラフトビール

今流行りのクラフトビールについて

クラフトビールとは

クラフトビールとは、小規模な醸造所がつくる、多様で個性的なビールのことです。クラフト(craft)は英語で「技術」「工芸」「職人技」などを意味する言葉です。これまでにない多様性と、個性的な味わいやブランドを備えているのが特徴です。アメリカでは一足早くクラフトビールブームが起こり、特に西海岸においては、もはやクラフトビール抜きにしてビールは語れないという状況になっており、人気のレストランが、自分のレストランで提供する美味しいクラフトビールを醸造するという文化が根づいています。日本では1994年の酒税法改正で規制緩和されたことにより、小規模なビール醸造所が日本全国に登場しました。

日本で流通しているビールの種類は非常に少ない

日本人が想像するビールの味は、せいぜい数種類ではないでしょうか?日本にビールの種類が少ないと聞くと首をかしげる人がいるかもしれません。コンビニにもスーパーにもたくさんの種類のビールが並んでいるじゃないかと思いますよね。でも、実は日本で流通しているビールの99%は、「ピルスナー」というスタイルです。これは世界で100を超えるビアスタイルの中の1つのジャンルにすぎません。

世界のビールを2つに分類するとラガーとエール

100種類以上に分類されるビアスタイルですが、大きく「ラガー」と「エール」の2つに分類されます。日本で一般的なビールはラガービールで、スッキリ、ゴクゴク飲むビール。一方のエールビールは、色や香り、味わいをゆったりと楽しみながら飲むビールです。

味わいが大きく違うエールビールとラガービールですが、両者とも原材料は「麦芽・ホップ・酵母・水」。製造工程も基本的には同じですが、エールビールは「エール酵母(上面発酵酵母)」、ラガービールは「ラガー酵母(下面発酵酵母)」を使うという大きな違いがあります。エール酵母は、香り豊かで味わい深いビールをつくるのが得意です。一方、ラガー酵母は、スッキリしたキレのあるビールをつくるのが得意なのです。どちらも同じ原材料からできるビールですが、香りや味わいはまったく違います。エールビールをはじめて飲んだ方の中には「これがビールなの?」と驚かれる方もいるくらいです。
ラガーには「ピルスナー」「シュバルツ」、エールには淡い色の「ペールエール」、鮮烈なホップの苦味がクセになる「IPA(インディア・ペールエール)」、コーヒーに似た味わいの「スタウト」「ポーター」、フルーティーで苦味の少ない「ベルジャン・ホワイトエール」などさまざまな種類があり、色も味わいもまさに千差万別です。
そのほか、ウイスキーやワインの木樽で熟成させる「バレルエイジドビール」、フルーツが入った「フルーツビール」など、世界の醸造家たちの情熱により、ビアスタイルは今こうしている間にも増え続けています。どんどん広がっていくクラフトビールの世界は、私たちを魅了してやみません。